長年クレジットカードのコールセンターで働いて様々経験を得ました。そんな私がクレジットカード会社側の視点で書いてるサイトです。

クレジットカードの口コミ.com

クレジットカードを還元率で比較

投稿日:2012年10月30日 更新日:

ポイント制度の改悪が相次ぎ、その存在自体が希少になってきた還元率1%超のカード達。「高還元率」で現在積極的に新カードを発行しているのがジャックス。

ジャックスはもともと1.75~2%という圧倒的な高還元率を誇る「漢方スタイルクラブカード」を発行していたが、2011年末には還元率1.5~1.8%の「Reader's Card」、さらに2012年9月には還元率1.25%~1.5%の「Extreme Card」の募集を始めた。この3つは年会費やその無料条件、還元率が微妙に異なっている。一体どれを選べばお得なのか、考えてみよう。

カード名 還元率 年会費 チャージでポイントが付く電子マネー
漢方スタイルカード ◎最大2% △1575円 △ モバイルsuica、SMART ICOCA、nanaco
Reader's Card ◯最大1.8% △2625円(年50万円以上の利用で次年度無料) ☓ モバイルsuica、SMART ICOCA、nanaco
Extreme Card △最大1.5% △3150円(年30万円以上のりようで次年度無料) ☓ モバイルsuica、SMART ICOCA、nanaco


-----------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク



-----------------------------------------------------------------------

個人的高還元率1位 漢方スタイルクラブカード

漢方スタイルクラブカード

 

個人的高還元率2位 JACCS Reader's Card

JACCS Reader's Card

 

個人的高還元率3位 JACCS Extreme Card

JACCS Extreme Card

この3つのカードへ単純に点数付けをするなら漢方スタイルがもっとも高得点。
最低でも1.75%という還元率と電子マネーのnanacoへのチャージでもポイントが付与されるところが他の2つのカードよりよい点。ANAマイルへの移行レートが最近改善され、100円で1.05マイルたまるようになったのも魅力の一つで移行手数料も無料。これはマイル移行手数料も含めて年4200円ほどのコストがかかるANAカードとほぼ同等の付与率。搭乗時のボーナスマイルなどはないが、いわゆる「陸マイラー」にとってはなかなかの一枚、漢方スタイルカードだと思われる。

しかし、年会費が無料にならない、家族カード自体が存在しないなどのデメリットがあり、
そちらを重視するなら、Reader'sかExtremeが選択肢に上がってくる。

この2枚は年会費とその無料条件が異なるが、メインカードとして使うならどちらも気にしなくていいレベルの金額で、違いはポイント還元率になる。Reader'sはポイントを「デポジット」(値引き枠)としてカード利用代金に充当でき、基本は1.5%還元。これをAmazonでの利用に限定したデポジットにすると交換レートが上がり、1.8%還元となる。使い道は限られてしまうが、Amazonで買える商品は幅が広く使い勝手がよいと思われる。

Extremeは同様のデポジットなら還元率1.25%と低めだが、共通ポイントのGポイントに移行すると、1.5%還元に上昇する。GポイントはTポイントなどの主要なポイントに等価で移行できる。さらにGポイントは、移行レートが25%アップする期間限定キャンペーンを定期的に行うため、そのタイミングを狙って移行すれば、Reader'sでのAmazon利用を超える1.87%還元となる。

このことから、高還元率カードのReader'sかExtremeは「Amazonをよく利用するのかしないのか」で選択すればいいと思われる。

-クレジットカードの比較
-, ,

Copyright© クレジットカードの口コミ.com , 2017 AllRights Reserved.