"/>

クレジットカードの口コミ.com

長年クレジットカードのコールセンターで働いて様々経験を得ました。そんな私がクレジットカード会社側の視点で書いてるサイトです。

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードの口コミ

更新日:

2013年3月22日より、アメリカン・エキスプレスが「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」の会員募集を始めました。

日本人のマイル保有者の2人に1人がマイルを失効した経験があると言われており、その失効理由の大多数が「思ったほど航空券に交換できるほど貯められなかった」ことを挙げています。

そのような「マイルがなかなか貯まらない」イライラを解消する為に誕生したこのカードは、実際に使ってマイルが貯まりやすく、また失効がないように設計されており、ビジネスやプライベートで国内外を問わず頻繁に旅行する方の利便性を追求する一枚となっています。

 

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードの特徴


【特長その1】

航空券の購入でポイントが5倍。

ポイントを効果的に貯められる航空会社の選択肢を拡大通常100円=1ポイントで付与される「メンバーシップ・リワード」のポイントは、このカードを利用して以下の対象航空会社12社から航空券を直接購入した場合、航空券購入代金分のポイントが自動的に5倍(100円=5ポイント)となります。

日本航空、ANA、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージン アトランティック航空、エティハド航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、スカンジナビア航空、アリタリア‐イタリア航空、フィンランド航空

マイルを効果的に貯めたいという理由で利用する航空会社を限定されていた方は、このカードを利用することで航空会社の選択肢をグッと広げることが可能となりました。

【特長その2】
ポイントはアライアンスに縛られない14の航空会社のマイレージプログラムに移行可能。

日本航空、ANA、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージン アトランティック航空、エティハド航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、スカンジナビア航空、アリタリア‐イタリア航空、フィンランド航空、タイ国際航空、中国南方航空

貯まったポイントは航空会社14社のマイレージプログラムに1ポイント=1マイル換算にて1,000ポイント(=1,000マイル)単位で移行できます。14の航空会社の多くはスターアライアンス、スカイチーム、ワンワールドのいずれかの航空アライアンスに所属しているため、アライアンスの枠を超えて好きな航空会社のマイレージプログラムにポイントを移行可能です。

【特長その3】
貯めたポイントは無期限。

貯まったポイントには有効期限がありませんので、期限を気にせず、ゆっくり貯めて好きな時にマイルに移行可能。旅行に行きたい時期、場所に応じてポイントを14の航空会社のマイレージプログラムを選んで移行できます。これにより、特典航空券に交換する前にマイルを失効してしまうという事がなくなりました、これは非常に大きなポイントです。

【特長その4】
期間限定ではありますが、特典航空券の獲得をするための様々なボーナスポイント特典がある。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」の入会時・継続時、このカードを利用して初めて航空券を購入した時など、ボーナスポイントを獲得する機会が充実しているのもこのカードの特長となります。

例を挙げると、2013年6月末までに入会すると、

・期間限定入会ポイントで+2000ポイント

・入会後3カ月間で50万円以上のカード利用がある場合は期間限定のボーナスポイントで+45000ポイント

・通常入会ボーナスで+5000ポイント

・日々の買い物(毎月20万で3ヶ月の場合)+6000ポイント

・対象航空会社12社(日本航空、ANA、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージン アトランティック航空、エティハド航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、スカンジナビア航空、アリタリア‐イタリア航空、フィンランド航空)のうち、いずれかの初回航空券購入時に+10000ポイント

この合計で3ヶ月で83000ポイントの獲得を達成でき、83000ポイントというと、これは航空会社によっては東京-ホノルル間(エコノミークラス)と交換可能なポイント量となります(※2013年3月時点の計算)

【特長その5】
旅行を安心快適にするアメリカン・エキスプレスのプレミア特典を付帯

同伴者1名と一緒に無料で利用できる空港ラウンジや帰国時の手荷物無料宅配サービスなど、旅行を快適にするサービスが自動付帯されており、また、旅行傷害保険に加えて、航空便の遅延で臨時に出費した宿泊費や食事代、予定していた旅行やコンサートに行けなくなってしまった場合のキャンセル費用を補償するなど、安心のプロテクションが付帯されているのも大きな特長となっています。

年会費:36750円 / 家族カード18375円

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードの注意事項

現在アメリカンエキスプレスが発行するプロパーカード(アメックスグリーン等)を持っている方は申込ができません。

現在、アメリカンエキスプレススカイトラベラーカードを所有の方はこのプレミアの方へクレジットカード番号は変わりますが、マイルやポイントは移行できます。
※要審査

また他のアメックスのプロパーカードを持っている方は、冒頭に言いましたように、2枚持ちという申込はできませんが、今後申込される方の反響次第では、いつ2枚持ちOKと運用方針が変わるかも分からないので、申込は無理と分かっていてもデスクに相談をしてみましょう、いい答えが用意されるようになればいいですね。

 

私が実際にデスクに電話し確認したアメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカードのQ&Aまとめ

Q:現在アメックスグリーン、アメックスゴールドを持ってますが新たにアメックススカイトラベラーカードプレミアを取得可能でしょうか?

A:プロパーカードですので、グリーンとゴールドの両方持てないのと一緒でアメックスグリーンやアメックスゴールドなどの他のプロパーカードと同時に持つことはできません、どうしても取得したいのであればダウングレードの申込をししないとの事です、詳しくはサポートデスクに聞きましょう。

 

Q:現在ANAアメックスを所持してますが、新たにアメックススカイトラベラーカードプレミアを取得可能でしょうか?

A:ANAアメックスはプロパーカードではなくアメックスとの提携カードですので同時所持も可能です、審査の上発行となります。

 

Q:1年以内に他のアメックスのプロパーカードを解約してますが審査は大丈夫でしょうか?

A:100%とは言い切れませんが、アメックスのプロパーカード(アメックスグリーン等)に現在ある「1年以内に解約歴のあるお客さまはお断り」のルールはあると思いますので、1年以内にアメックスのカード解約歴歴がある方は1年経過を待った方が良いでしょう。

 

Q:スカイトラベラーカードプレミアからグリーンやゴールドに切り替えは可能ですか?

A::何度も確認しましたが、スカイトラベラーカードプレミアホルダーから切り替えは出来ないと口を揃えて言われます、出たばかりのカードでアメックスの対応も色々と変わっているようなので、グリーンやゴールドからあえてダウングレード申込する方は気をつけましょう。

 

Q:現在セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを所持してますが、新たにアメックススカイトラベラーカードプレミアを取得可能でしょうか?

A:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはANAアメックスと同じで提携カードですので同時所持も可能です、審査の上発行となります。

 

Q:グリーンからダウングレードで申込したいのですが、今まで貯めたポイントは移行されますか?

A:移行されません、別扱いになります。

 

Q:締め日と支払い日はいつですか?

A:締め日は毎月20日、支払い日は基本翌月10日です。(一部支払い日が21日か26日というのもあり)

-クレジットカードの口コミ
-,

Copyright© クレジットカードの口コミ.com , 2017 All Rights Reserved.