"/>

クレジットカードの口コミ.com

長年クレジットカードのコールセンターで働いて様々経験を得ました。そんな私がクレジットカード会社側の視点で書いてるサイトです。

クレジットカード スーパーホワイト問題

更新日:

クレジット業界で言う高齢「30歳以上」で今までクレジットカードも持ってないローンも組んだことのない、そういう真面目な層(業界用語でスパーホワイトと呼びます)が何故かクレジットカードの審査に落ちやすい傾向があります。

実はこれには実は理由があります、実は審査の時にクレジットカード会社から見たら「ある層の人」とかぶるからです、その「ある層の人」とはなんでしょうか?

ある層の人というのは、過去に金融事故を起こした人です、もっと詳しくに言うと、過去に自己破産や(任意整理、民事再生)等の債務整理をしたいわゆる元ブラックリストに載ってた層の人達です。

クレジットカードを審査するにあたって、なぜ今までクレジットカードを作らず現金主義で真面目に支払いをした方と金融事故を過去に起こした人とが同じなのか、過去に金融事故を起こした事のない方には不思議で仕方ないと思いますが、それはクレジットカード会社が個人を審査する際に「個人信用情報機関」という所を参照し審査するのですが、その信用情報機関を参照した時に両者とも全く同じように見えてしまうからです。

そこを理解するには個人信用情報を少し理解しておく必要がありますので以下に説明していきますのでよく覚えておいて下さい。

現在、個人信用情報機関は3つあり、ここに金融事故情報が載ってます、俗にいうブラックリストの事です。

・CIC(シー・アイ・シー)

・JICC(日本信用情報機構)

・KSC(全銀協:全国銀行個人信用情報センター)

この3社になります。


過去に自己破産や債務整理をした方はCIC(シー・アイ・シー)とJICC(日本信用情報機構)に自己破産の場合、自己破産の免責が出てから5年、(任意整理、民事再生)をした方はその債務の支払がすべて完了してから5年間登録されます

・KSC(全銀協:全国銀行個人信用情報センター)の運用は少し違っており、自己破産の免責が出てから10年、(任意整理、民事再生)をした方はその債務の支払が完了してから10年間登録されます。

CICとJICCは5年間、KSC(全銀協)は10年間、完了した金融事故情報が掲載されていると覚えるとよいでしょう。クレジットカード会社は色々ありますが、一部のカードを除き(銀行系カードやアメックス)実はKSC(全銀協)を審査の時に参照しません。

KSC(全銀協)を参照しない理由は色々あるのですが実際にCICとJICCだけを参照してクレジットカードの審査をしている所が多いのです。

CICとJICCは事故が完了してから5年と先に述べました(破産免責から5年、(任意整理、民事再生は支払い完了から5年))

ここからが大事なのですが、逆に言えば自己破産等の債務整理をして5年経ってしまえばその事故情報が綺麗サッパリCICとJICCから消えてしまいます、個人信用情報が真っ白(ホワイト)になってしまうわけです、「5年で信用情報が真っ白になる」ここを覚えておいて下さい。

10年以内であればKSC(全銀協)にはまだ事故情報が残っているのですが、5年経ってしまえば特定のクレジットカード(銀行系カードやアメックス)以外はクレジットカードの審査の際に、CICとJICCだけしか見ませんから、今まで現金主義で暮らして来た方と5年前に金融事故を起こした方、どちらも信用情報を開示したら真っ白(ホワイト)で一致してしまい、クレジットカード会社からすれば、いい歳をしてある程度の年齢になってるのに信用情報の1つもない場合「もしかしてこの人は過去に金融事故を起こした人じゃないか?」と疑いをかけるわけです。

自社で過去に事故を起してたのなら信用情報機関を見るまでもなく、いわゆる「社内ブラック」としてその人はその会社でクレジットカードを永久に作れませんが、自社で過去に金融事故を起こした事のない場合はなんのデータもありませんので、申込時にその人の個人信用情報を開示してみたら何も過去の金融商品の履歴が一切ない真っ白(ホワイト)なこと、この信用情報が真っ白、いわゆる「スーパーホワイト」の状態が問題なわけです、クレジットカード会社は個人信用情報が真っ白だと、過去に金融事故を起こして真っ白なだけじゃないかと疑うわけです。

簡単に言うと、Aと言う会社のクレジットカードで自己破産すると、Aと言う会社のクレジットカードは今後う永久に作成できませんが、Bと言う別のクレジットカード会社のカードに過去手を出して迷惑をかけてなければ、社内にネガティブな記録があるわけではないので、申込時にB社が申込時に個人信用情報を見に行った時に全く何も載ってない「ホワイト状態」であると、B社は過去に金融事故があって消えただけだと疑いをかけますのでクレジットカードの発行に慎重になります。

このことが、今までクレジットカードを作った事のない人、いわゆる(スーパーホワイト)の人が、30、40歳を過ぎて初めてクレジットカードを作ろうとした時に何故か申し込みしても審査に落ちる原因(スーパーホワイト問題)となっているわけです。

ご自身でできるスパーホワイト状態の対策として「携帯分割(携帯割賦)でクレヒスを付ける」という事が挙げられますので、「携帯分割でクレヒスをつける」のページを参照してみて下さい。

-クレジットカードの豆知識
-, ,

Copyright© クレジットカードの口コミ.com , 2017 All Rights Reserved.