"/>

クレジットカードの口コミ.com

長年クレジットカードのコールセンターで働いて様々経験を得ました。そんな私がクレジットカード会社側の視点で書いてるサイトです。

クレジットカード会社は審査をするときに所得を調べられるか?

更新日:

クレジットカードの申込時には必ず勤務先や年収をを聞かれますが、勤務先についてクレジットカード会社が疑問に思うのであれば在籍確認の電話で確認をしますが、年収の調査はどのようにしているのでしょうか?

皆さんはクレジットカードの申込の時に自分の年収について正しく申告しましたか?

私がクレジットカードのコールセンターに勤務していた時によく審査の落ちた方からお電話があり、「年収1200万あるのになんで審査に落とすんだ!」とか「年収はお宅の数倍あると書いてるのになんで審査に落とすんだ!」とかよく言われたものです。

またお客さまからはよく「ここだけの話、クレジットカード会社は年収の調査をしてるんですよね?」ともよく聞かれました。

クレジットカード会社って何かの手段を使って年収を調査しているのでしょうか?

答えから言いますと、クレジットカード会社はクレジットカードの発行時にキャッシング枠を付ける際に総量規制による年収の1/3を超えると思われない限り、給与明細や年収証明の提出を求めませんので、あなたの正確な年収は分かりません。

よく都市伝説的にクレジットカード会社は独自に年収の情報を密かに取得し、審査の時に利用していると言われますが、そんなもの存在しません。

他社借り入れはいくらか?の情報は個人信用情報機関を見れば分かる仕組みになっていますので、虚偽申告するとバレてしまいます。


しかし、年収については個人信用情報機関を調べてもどこにも載っていませんので、クレジットカード会社は調査のしようがありません。

クレジットカードの審査における年収申告はキャッシングでもつけない限り完全な自己申告なんです。

逆に言えばクレジットカード会社は年収について申告の信憑性の確認を取ることがそもそも出来ませんので、実はそんなにクレジットカードの審査において年収の申告は重要視されていません。

あえて言えば、申告した年収が年齢に相応したものであるかどうかです。

例えば20歳なのに年収3000万と書いてあれば、そんな人いないわけじゃないでしょうが、普通に考えておかしいので疑われるかもしれません、そんな程度のものです。

しかし、上記で「クレジットカードの審査において年収の申告は重要視されていません」と書きましたが、ダイナースクラブカードのようなステータスのあるクレジットカードのようなクレジットカードの場合、年収を500万円未満で審査の時に申告してしまうと門前払いされますので注意が必要です。

クレジットカード会社としては年収よりも継続性のある仕事をしており、安定した収入があるかどうかの方が重要なわけです。

またヤフー知恵袋を見てると「80歳になった祖父が年収1000万でクレジットカードの審査に通った」事に対して「80歳で年収1000万はおかしい」との指摘がありました。

しかし世の中には80歳の方でも株の配当や土地の地代などで年収1000万を超えてる方を見るのはクレジットカード業界に身を置いていたら、珍しいことではありません。

実際私もクレジットカードのコールセンターで勤務している時に80歳でもクレジットカードを発行されたケースはいくらでも見てきました。

クレジットカードの審査が80歳で問題なのは「年収がいくらか」ではなく、年齢が高くなるほど寿命のリスクが高まるので単純に審査が厳しいというだけです。

クレジットカードというのは基本的に無担保、無保証で発行しますので利用者が死亡された場合、クレジットカード会社は遺族に利用料金を請求できないからです。

だから年齢が60歳を超えてからのクレジットカードの新規発行審査というのはこれまでクレジットヒストリーを構築されていないと非常に難しいものとなります。

今の世代の若者でクレジットカードやローンを一切使用したことのない方はほとんどいませんが、いわゆる中高年の方の中ではこれまで現金主義で真面目一貫でやってきた方が結構おられますので、一切クレジットヒストリーのない方は初めてクレジットカードの取得をしようとした場合は非常に厳しい世の中になっています。

-クレジットカードの疑問, クレジットカードの豆知識, クレジットカード会社はこう考えている
-,

Copyright© クレジットカードの口コミ.com , 2017 All Rights Reserved.