"/>

クレジットカードの口コミ.com

長年クレジットカードのコールセンターで働いて様々経験を得ました。そんな私がクレジットカード会社側の視点で書いてるサイトです。

クレジットカードの申込書と審査の関係

更新日:

クレジットカードの申込書と審査の関係と聞いても一般の方はピンとこないと思いますが、クレジットカードのコールセンターで長年勤務してきた私の経験から、クレジットカードの申込書と審査の関係をお話してみたいと思います。

私は基本的にクレジットカードのコールセンターの督促部門を専門に渡り歩いてきましたが、その中で、督促には直接関係ないものの、クレジットカードの内部の仕組み、つまり審査部門の動きを把握していないと何かと知識不足になりますので、コールセンターを代わる度に何度か審査部門で働かせて頂いたことがあります。

その中で審査部門にいないと分からない事の一つに「クレジットカードの申込書は誤字脱字、間違いが多いと審査に落ちる場合がある」ということです。

もっと単純に言えば「クレジジットカードの申込書の字が汚い(何を書いてるのか分からない)場合、審査に落ちる場合がある」とも言えます。

クレジットカードの申込書がクレジットカード会社に届くと申込書の内容を端末に入力する部門の人が打ち込んでいったり、今はシステムにより、自動で文字を読み込んでシステムに入力したりもしてます。

その中でどうしても、人が読めない、当然システムでも読めない、これはアラビア語か?と思うような字を書かれてこられる場合があります、この場合、残念ですが審査そのものが無理だと判断されてクレジットカードの審査に落ちるパターンを何度か見て来ました。

そのようなお客さまに限って審査に落ちると「何で審査に落ちるんだ、理由を言え、理由を!」と怒鳴りこんで来ます。

特に消費者金融の審査によくある事なのですが、お客さまがある状態の時(例えば、そのお客さまの給料日の◯日前に来店の時とか)に借りに来られたら、危ないお客なので貸してはいけないと言ったような、一般人には何のことだか分からない統計情報を持ってます。

ですからクレジットカード会社の全部が全部ではないのですが、きちんとしたクレジットヒストリーもないお客さまの場合、一回しか書かない最初の申込書すら丁寧に書けないということはお金にルーズであろうということで審査に落としたりします。

また、よくある間違いに住所や勤務先を間違えて書いてしまう場合、要するに引っ越して間もない場合や転職や出向で職業や住所が変わっているのに前の情報をうっかり書いてしまった場合です。

これも全部が全部そうとは限りませんが、これだけで審査に落とすクレジットカード会社も存在します。

中で働いている時に「うっかりなのに厳しすぎませんか?」とクレジットカードの社員さまに聞いた事があるんですが「うちの会社はそういう決まりだから仕方ない」と言われるだけでした。

やはり、最初に一回しかやらない申込書なのに、字が汚かったり、情報が間違えるのは、このお客さまはお金にルーズなのかな?と思われてしまうことが少なくないんですね。

ですから、クレジットカードの申込書を書く場合は、丁寧に書く、字に自信がない場合にはなるべくWEB申込をして、なるべく字を書く機会を減らすといった工夫をしてみて下さい、また入力する情報は正確に、何度も見直すことも大事です。

そんなバカな基準があるのか?と思われるでしょうが、逆の立場、要するにお金を貸し出す側になって考えてみて、トンでもなく字が汚い申込書の方に自分の大切なお金を貸し出したいと思いますか?クレジットカード会社は個人ではなく法人ですが、気にすることは同じなのです。

字が汚かったり、申込の内容が間違っているお客さまに限って「審査が遅い!」とか「なんで審査に落ちるんだ!」とかクレームも多い傾向にあります、あなたも同じようにならないように、繰り返しになりますが、申込書の情報は正確に、何度も見直すことも大事です。



-クレジットカードの審査, クレジットカードの豆知識, クレジットカード会社はこう考えている
-,

Copyright© クレジットカードの口コミ.com , 2017 All Rights Reserved.